2014年10月28日

It seems like everything are takeing my side.

I have to move my stuff again.
I do not think I can work on my Formula until next spring.
BUT NOVER GIVE UP! I think.
posted by IWONNHRA at 16:43| What's new ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

I am not Goofing off!

KONI Shocks 002.jpg
I like Good Old Fashion Way!

これだね、やっぱり走りやはKONIですだね。
考えましたよ、QA1だとかBilsteinやらと何がいいかとあれやこれやと。
しかし基本に戻って、というよりは若い頃に憧れたKONIを選んだわけですね。
昔は高価なものだった、高嶺の花。でも基本的なフルード式のタイプが言いと考えたわけ。
値段も手ごろだし、さてそろそろと思って注文をしたらもう無いって。なに〜!
今はガスとのコンビネーションのモデルにとアップデートされていた、これにはSHOCK! なにつまらないシャレ言ってんだって。
ともあれこれしかないんだからしょうがない、オーダーを入れると今度は空輸は出来無いことが判明。
圧縮ガスのものは破裂の危険ありとの事、なんてこった!
こんなショックだけ船便でなんか送った際には送料が割高になるのは明白。
こんな時にラッキーなことにエンジンの出荷に合わせて輸入にはできたのだが、今度は税関の手続きがPAIN in ASS!
ガスの型式じゃないや、圧力がいくつだのと書面を出せときた。
and一緒に来たEngine Oilの成分表の提出を求められたのにはビックリだ。
そんなの企業秘密に決まってるからメーカーが教えるわけねーだろーって通関業者に言ってやったら、100%最終的には化学合成オイルで輸入は許可された。
イヤー21世紀って奴は面倒な世の中になってしまったもんだ、やっぱり昭和が一番だぁ!

This is a one of Shock out of Junk'74Trans am.KONI Shocks 003.jpg

Please take look !
Blog pics 030.jpg
これはフロントグリルに付くエンブレム。
新品のReproductionをつければ簡単なんだが、特にPittingもないし、綺麗にワイヤーブラシで汚れを落として丁寧に筆でペイントをしました。
こういう作業が車好きの悦のだよね〜!

posted by IWONNHRA at 01:00| What's new ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

Lookin' good!

Blog pics 024.jpg
Repaint on Front Grills

さて外が寒いからといって何もしないでいるわけにはいかないでしょう。
そこで思いついたのがフロントグリルのリペイント。
こういうこつこつとした仕事が実は車いじりを愛する者にとっては倒しいひと時なのである。
さて、先ずはモールを丁寧にマスキングをして、スコッチ無頼とで隅々まで汚れを落とし、古いペイントをならす。
そしてソルベントで綺麗にふき取り、ペイントは準備完了。
しかし、内側のグレーのパートを塗るために黒色との境目をしっかりマスキングテープで区切り吹きつけ、そして完全に乾いたら、そう一晩於いた方が無難。そして逆の作業を行って黒の半つや消し塗装を行うとペイント完了だ。
塗料はエアゾールペイイイント、そう缶スプレーで十分、但し色合いは確実にあわせないと”チャッちい”出来上がりになってしまうから新調に選択が必要だ。
編にピカピカ過ぎてはダメということですね.Blog pics 032.jpg
内側の"R"はマスキングテープを張りついでオーバースプレーを防止することが肝心、
それから実際にペイントをする際には軽く一回、時間を空けてしっかり、そして最後にもう一度目地を整えて出来上がり。
でも、いったいこのグリルの取り付けはいつになるのでしょうか???

Good Job!
Blog pics 031.jpg

posted by IWONNHRA at 01:11| What's new ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

This is it !

FIrebird project 010.jpg
This is it!

It is way too cold to work on car anymore !
もうこれでおしまい。
内装をバラして、やっと鉄くず屋さん行きですぞ。
必要なのは、バリもんのダッシュ。
これは大切、しかし、外しにくいというか、外したことがないから手間取っただけの話。
意外に取り付けは簡単んな構造のようだ。
そして、配線。ワイヤーハーネス一式を丸ごと、Instoromental Panelを確保。
ウインドウーも総て外して年のために。
特にリアウインドウはデッフォガーが必要かも知れないので、新調に外すことに。
となればとウインドーシールドも新調に細いワイヤーを使ってボデーから切り離し。
しかし何年ぶりなんだろうこんな作業?
パワーウインドーも念のために外した、助手席はあると便利なのは間違いない。
しかし、重量的には目的に反するので微妙なところだなぁ。
さぁ、これで1974年型Potiac Firebird Trans am 455の解体作業は終了です。
もう、寒くて出来ません!
あとは細かい部品を総て用意、加工をして春に一気に完成を目指すのデス。

Typical Junk Car.(all kind of trash inside)
FIrebird project 017.jpg
posted by IWONNHRA at 23:07| What's new ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

Almost, almost their.

FIrebird project 011.jpg
This is last object I have to work on !

ALL FONTEND IS GONE !
And this is last heavy thing I have to get it out. Ummm NICE !!!
ボルトやナット類は意外に駄々はこねずに外れたが、ちょっと腐食が進んでいたのが残念!
それだけレストアに手間が掛かるということだ。
デフカバーを見るとタグがついていてギア比は3.08とのこと。
言うことなしだ。
狙いはハイウェーランナー、3.00以下でも良いかと思っていたぐらいだからね。
な〜んて考えている時が一番楽しいときなんざんすねぇ。
詐欺を落として、綺麗にペイントして取り付けの用意をしなければ。
だかダイニチのBULL HEATERを譲ってください〜。

デフハウジングは直ぐにお辞儀をするのが礼儀正しいんだが、運ぶ時などは”ムカつく”。

GET IT OUT as soon as I can
!FIrebird project 014.jpg
posted by IWONNHRA at 00:00| What's new ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。